スペシャル対談

鈴木奈々×西澤恵介

西澤恵介は鈴木奈々のマネージャーとして6年目。タレントがずっと輝き続けられるよう、自分の存在は控えめに、素早いバックアップとしっかりと向き合うことを心がけている。
ROOTS
鈴木奈々
(以下鈴木)
ツインプラネットに入社して、鈴木奈々の担当マネージャーをお願いされた当初、どんな気持ちでしたか?
西澤
とてもラッキーだと思いました(笑)
鈴木
ちょっと!ちゃんと答えてよ(笑)
西澤
ちゃんと答えてるよ!
鈴木
あっそういえば、私達ってケンカはしないよね。たまにムカつくことはありますけれど、6年ぐらい一緒にいて、5年目ぐらいでプライベートのことを話すようになりましたね。家族よりも、ここ5年間は一番一緒にいるんですよ。でも、私は、良い関係を築くためには、仲良くなり過ぎると仕事が上手くいかないって思ってます。ちゃんと仕事の仲間なので一線を引いて、プライベートでは遊ばないようにしてます。でも、互いの悩み相談はしますよ。って、何だかカップルみたいな会話になりましたけど(笑)。
西澤
もう毎回こんな感じで話がズレてすみません(笑)。ただ、これこそ鈴木奈々だと思うので、当初からこのキャラクターができ上がっていたのが救いでしたね。本当に良かったです。
鈴木
ザワティ(マネージャーの呼び名)は、私の担当マネージャーになれて良かったって言っています(笑)
西澤
アハハハ。自分で言っちゃうんですか? 
鈴木
じゃぁ、何でラッキーなのか言ってください!
西澤
とにかく何事に対しても一所懸命やってくれるんですよね。こっちが指導する前に色々やってくれて、必ず結果を残してくれますし、本当にラッキーですよ。
鈴木
私、思うんですけど、ザワティはとてもできる人だと思います。何が1番良いのか言いますね。関わる芸能人の方をはじめ、テレビ局のスタッフさん達や会う人すべてに低姿勢なんですよ。で、「マネージャーさん、すごく低姿勢で素敵な人だね」って言われるのが嬉しいし、ずっと変わらないそういうところや感謝の気持ちを忘れないで仕事をしているのところが良いと思います。
GROWTH
鈴木
ザワティは私のマネージャーですが、主にどんな仕事をしていますか?
西澤
スケジュール管理とタレントの営業やブランディングです。
鈴木
そうですね。ミスもないですし…。
西澤
基本ビビリなんですよ。
鈴木
あの~、マネージャーにとって大切なことを話したいと思います!
西澤
アハハハ。話しちゃってください。お願いします。
鈴木
ビビリの人はマネージャー業に向いていると思います。すっごいビビリだからミスが無い。言われたことはすぐやって欲しいって詰めてきますね。時間との戦いだったりするもんね。
西澤
そうですね。人に迷惑かけないようにね…。
鈴木
そこです。なので、ビビリの人はマネージャーに向いていると思います!!では、マネージャーという仕事をしていく上で心掛けていること何ですか?
西澤
報告・連絡・相談の「ホウ・レン・ソウ」は必ずですね。ミスをしないために大事ですね。1つでもミスったら、沢山の方々に迷惑を掛けるんですよ。例えば、プロデューサーさんをはじめ、制作さんやタレントさんやマネージャーさんなど、全員に迷惑を掛けてしまうので、そこは絶対にしっかりしないといけないなと思いますね。常に、何十人の人と稼働していることを忘れないようにしています。
SUCCESS

鈴木:今まで印象に残っている仕事を教えてください。

西澤
いっぱいありますけどね…。お笑い芸人さんが沢山いる中で、体を張って結果を残してくれたりもしますし、人気のテレビ番組でコーナーを持てるなんてすごいなって思いますし、やることすべてが印象に残っていますね。全て全力で活動してくれるのでいつも楽しく仕事をしています。
鈴木
いつもザワティは私を見て爆笑しています。
西澤
おかげさまで色々な方から二人共々暖かく見守って頂いてます。
鈴木
では、今の仕事を通してご自身がどう成長したかを教えてください。
西澤
自分で言うのもおかしな話ですが、365日沢山の人と接しているので、人との接し方は上手くなったかなとは思いますけどね。
鈴木
コミュニケーション力が付いたよね♪
西澤
だそうです(笑)。
鈴木
マネージャーさん同士でご飯に行ったりとか、制作の方とご飯行ったりとか、そういうのを見ていて人との付き合い方がすごく上手だな~って思います。そこが尊敬できます。コミュ力が高いなって思いました♪
西澤
これ、理由があって鈴木奈々本人がこれだけ低姿勢じゃないですか。制作関係の人だけじゃなく、ロケ先で出会ったどんな人にも変わらない態度で挨拶をするんですよ。なのに、裏側である自分が調子にのってしまったらとても可哀想じゃないですか…。これだけ良い子なのでこちらも低姿勢で対応しないと…とは常に思っていますね。
鈴木
マネージャーさんが頑張っていると「私も頑張ろう」って思うし、私が頑張っているとマネージャーさんも「頑張ろう」と思ってくれるし…。だから、お互いを高め合いながら成長しあえてるかなって思ってます。
西澤
そういうことですね。

鈴木:5年後にはどんな自分になっていると思いますか?

西澤
つまらない回答かもしれませんが、変わらず鈴木奈々のマネージャーをしていたいと思いますね。すごい良い意味で楽ですもん。
鈴木
何が楽なの?(笑)
西澤
NGないですし、突進型ですし「これやって!」って言ったら二つ返事でOKしてくれますし、本当にこんなに楽な人はいないと思います。
鈴木
でも毎日の仕事の管理をしてるって大変ですよね?
西澤
まぁ、大変ですけれど…こちらが1日4本~5本の仕事をパンパンに詰めてもやってくれますし。そりゃぁ、人間ですから多少テンションが下がる時もありますけれど、でもこなしてくれますし、気持ちの波も少ないのでこのまま続けるのが楽だと思っています。
鈴木
面白ければ何でもしたいです。私は5年後も何歳になっても、私がすることで笑ってくれることがとても嬉しい!「奈々ちゃんを見て元気になったよ」って言われるたびに、もっと体を張って頑張ろうって思いました。
西澤
それで良いと思います(笑)

鈴木:ザワティが私の家にある家電製品に例えると何ですか?

西澤
扇風機あたりでいいんじゃないですかね…。
鈴木
ハハハ(笑)。うちに扇風機あるー!
西澤
夏場限定で良いんです。
鈴木
やっぱり二人の関係性と距離感ってものがあるので、そのぐらいが丁度いいと思います。仕事の仲間として距離感をしっかりと保つことが、互いに長く続けていける秘訣なのかなって思いますね。私に良い風を遠くからそよそよと吹かせてくれる存在です。プライベートで会ったことないし、2人でご飯を食べに行くのって仕事の合間ぐらいだもんね。この前、さんま定食食べに行ったよね♪
西澤
そうですね。食べに行きましたね(笑)
鈴木
それでは、私を漢字1文字で例えると何ですか? 西澤:才能の「才」、もしくは「運」のどちらかだと思うんですよ。こんな言い方おかしいかと思うんですけれど、こんなにも努力しないでここまで駆け上がったっていうのは持って生まれた「才能」か「運」だと思うんですよ。ある芸人さんは、「この子は、才能だけで上がってきた象徴だ」って言ってくださったんです。すごく嬉しかったですし、まさにそうだと思ったんです。
西澤
そうですね。食べに行きましたね(笑)

鈴木:私を漢字1文字で例えると何ですか?

西澤
才能の「才」、もしくは「運」のどちらかだと思うんですよ。こんな言い方おかしいかと思うんですけれど、こんなにも努力しないでここまで駆け上がったっていうのは持って生まれた「才能」か「運」だと思うんですよ。ある芸人さんは、「この子は、才能だけで上がってきた象徴だ」って言ってくださったんです。すごく嬉しかったですし、まさにそうだと思ったんです。
鈴木
あと「最強の素人だ」とも言われたよね。
西澤
そう、常に枠にとらわれないよね。なので、その2つのどちらかだと思うんですよね。
鈴木
この前、あるディレクターさんに「なぁちゃんは、特技とか何も無いのによくここまで居られるね」って言われたんですよ(笑)
西澤
そうなんですよ。人柄と低姿勢とすべてを全力でやってきましたからね。これが良いことなんですけれど。特技とかは無いけれど、ここまでできるって改めてすごいなって思いますよ。
鈴木
「運」かなぁ~。
西澤
これだけの仕事をさせて頂けているのは「運」だとは思いますし、毎月決まったレギュラーがない中(2016年10月現在)、制作さんから声を掛けてもらえるのは本人の人柄っていう「才能」だとも思いますね。

鈴木:ザワティは自分を漢字1文字で例えると何なの?

西澤
あれですよ、「無」です。
鈴木
それ当たってる!一緒にいても感情があまりわからない。何を考えてるのかわからなくて、たまにイラッとする(笑)。
西澤
喜怒哀楽も激しくないですからね。怒ってる時も喜んでる時も同じテンションで言うんですよ。
鈴木
そう!そうなの!だから「無」ってすごく合ってると思うの。
西澤
喜怒哀楽を強く出していたら、この仕事できないと思うんですよ。1個1個に感情を出したら疲れると思うんです。でも、ちゃんと褒める時は心のそこから褒めて言ってますよ。
鈴木
では、この仕事をしていて良かったと思えるのはどんな時ですか?
西澤
何だろうな~。スタッフさんに「良かったよ。また、次も頼むよ!」と言って頂いたり、再度呼ばれた時ですかね。
鈴木
それよく言ってるよね。私のことをスタッフさんや他のタレントさんのマネージャーさんに褒められた時は、すごい喜んでるよね。
西澤
身近で一緒に仕事をしている人から褒められるのってやっぱり嬉しいですよね。ありがたいことです。
鈴木
あと、ザワティを見ていて思うことが、すごく会社の人と良い関係だなって思います。社内の人と一緒にご飯を食べに行ったりとか、みんなとても仲良しなので楽しそうだな~素敵だな~って思って見ています。
西澤
恵まれていますね。
鈴木
では、私のマネージャーをしていて、いつワクワク、そしてドキドキしますか?ドキドキの方が多いんじゃない?
西澤
これ、難しいんですけれど、台本の流れと脱線した普通じゃ考えられないことや、思ってた以上のことをしてくれるから、鈴木の近くにいるだけで毎日がワクワク・ドキドキしますね。
鈴木
すごくお互いが良い関係だと思います。

鈴木:最後にマネージャー希望の方へ一言!

西澤
一所懸命やってください!すみません、つまらなくて(笑)。周りが支えてくれるので、何かしら一所懸命やっているだけで、見てくれるかと思います。
鈴木
私は~、すごい楽しいです。落ち込むこともあるけれど成長できるので、この仕事って素晴らしいなって思います。毎日がとにかくすごくない!?毎日刺激があって楽しいよね!
西澤
楽しいですよね。楽しくやらせて頂いています。
鈴木
休みが欲しいなんて言ったことないよね!?だってすぐ仕事を入れてくるもん!
西澤
アハハハ。ありがたいことですよ。
鈴木
本当にありがたいです。みなさま、ありがとうございます!ありがとうございます!ありがとうございます!
営業
竹林盾哉
(2013年・中途)
商品開発・プロモーション
杉野紗希
(2012年・中途)
メディア開発・運用
山脇恵里佳
(2009年・中途)
イベントディレクター
倉島瑞喜
(2010年・新卒)
メディア Div 商品開発
芦沢岳人
(2008年・中途)


株式会社TWIN PLANET
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-3-13 TWIN PLANET BLDG.
Tel:03-5766-3811 / Fax:03-5766-3818
Google MAP
募集要項